ウーマン

事業譲渡を行なうメリットを把握する|企業の次のステージへ

申請も変更も楽になる

握手

日本からも近くて、短時間でいくことができる香港は非常に人気です。旅行客も毎年大勢訪れていますが、現在はビジネスでも注目されている国です。経済自由度の指標が非常に高く、世界中の国と比較すると、ビジネスに関する規制は低いことが特徴です。そのため、近年はいろんな企業が、アジア進出やビジネスの拡大で香港をターゲットにしています。中国の一部ではありますが、数年前まではイギリスが植民地として占領していました。植民地の期間が長かったので、本土よりも法の整備が進んでいて、反日感情を持っている人も少ないでしょう。ですから、日本企業でも進出しやすいでしょう。
香港では90日間を超える滞在をした場合は、就労ビザが必要になります。ビザを持たずに就業や進学をすると、罰金や禁錮刑に処される可能性もあるので、注意してください。ですから、事前に必要となる書類を準備して、ビザを準備した方がいいでしょう。
香港では、申請可能なビザが幾つかあります。就労や投資、扶養家族など目的が別れています。取得をサポートてくれる業者存在しています。そのため、13000香港ドルは必要になるでしょう。また、3000香港ドルを支払うとビザの延長も行なうことができます。期限が切れそう場合は便利です。約4週間程、申請作業に必要になるので、ビザの更新をする場合は、なるべく早めに業者に連絡することが大事です。さらに業者では、いろんなサービスをしています。公式のホームページも存在していますので、一度確認してもいいはずです。