男の人

事業譲渡を行なうメリットを把握する|企業の次のステージへ

両者のメリット

男性女性

経営を活性化するために、事業譲渡をする場合があります。自社で行なっている事業を他社に譲渡することをいいます。経営状態に応じて、事業の全てを譲渡することもありますし、一部しか譲渡しないこともあります。事業譲渡をすることで、売り手側は会社を存続させることができるでしょう。経営が傾いていても、立て直すことができますし、社員の職がなくなることを防ぐことができます。また、買い手側は、事業の基盤を強化することができます。そのため、事業譲渡は売り手側と買い手側の両者にメリットがあります。
売り手側のメリットとしては、現金を手にすることができることです。自社の事業を他社に売却することで、現金を得ることができます。手に入れた現金で負債をなくすこともできます、新規事業の資金にすることもできるでしょう。財務体制を改善することもできます。
次に買い手側のメリットも紹介します。事業譲渡では、対象となる事業の範囲、資産や負債の範囲を決めることができます。買い手側は、不要な資産や負債は引き継がないことも可能です。自社に必要な事業のみを引き継ぎことができるでしょう。さらに、競合他社のノウハウや経験を簡単に吸収することができます。売却した企業は競合できなくなるために、ライバルが1社減ることになるでしょう。ですから市場の大半を占めること可能になります。
事業譲渡を行なうことで売り手側と買い手側の両者にメリットがあります。しかし、コレはタイミングが悪いと成立しませんので、事業譲渡を行なうタイミングに注意しましょう。

会計を短時間で行なう

レジ

レジを使用する業務は多くありますが、会計の時間を短縮するために多くの企業がPOSシステムを導入しています。近年ではタブレット端末を使用して、アプリでインストールすることができます。

申請も変更も楽になる

握手

タックスヘブンで、世界中の国から注目を集めている国があります。それが香港です。現在では香港のビザの所得をサポートしてくれる業者も存在しています。いろんなビザに対応していますので利用してください。

料理を引き立てる存在

男性

これから飲食店を開業するオーナーにとって、食器を選ぶことも大事な仕事になります。高級感を演出できますし、料理を引き立てることもできます。近年は、業務用食器の専門サイトも存在しています。